CMC東京の理念

「Visionに生きる人財」を社会で共に育てる

 

日本は未曾有の人口減少社会。人財の流動性は高まり、僕らはかつてないほど問われる時代となってきた。

「あなたはどう生きるのか?」

一人一人が自分自身でこの問いに答えて行く。

そのための指針が、「Vision(どうありたいか?)」だ。

もし強くVisionを持っていないと、誰かに言われたことをそのまま鵜呑みにしてしまったりする。

それは自分の人生を、他の誰かに決められていることと同じこと。

そんな人生でいいのだろうか。

一つ一つの選択を、自分が本当に心の底からなりたい姿である「Vision」に沿って判断することで

一歩ずつVisionに近づく自分になることができる。

その感覚はとても気持ちのいいことであり、幸せなことだ。

だから私たちは、その人財が育つ環境を、この社会の中に創り出す。

 

 

設立背景

 

ミレニアル世代、僕らは「Social Value」で生きている。

時代は働き方改革、教育改革と動いている。

NPOやソーシャルの概念も広がりを見せ、豊かさのパラダイムシフトが確実に起こっている。

しかし、バブルを経験した少し上の世代は豊かさのパラダイムを転換しきることはできない。

彼らは時に、私たちに二項対立を突きつける。

「お金をとるか、心の豊かさをとるか」

「学力重視なのか、それともキャリアが大切なのか」

 「地方か、都会か」

「仕事が大事なのか、それとも家庭が大事なのか」

 「自己実現か、それとも社会貢献なのか」

果たしてこれは両立できないのだろうか。

過去の豊かさのパラダイムでは実現し得なかったこの矛盾するものを、私達なら両立できる。

これらの両立ができずに生み出され続けている社会課題を、

バブルを知らない私達だからこそ、解決することができる。

時代の転換点である今、Next Societyを手繰り寄せるのはまさに私たちの世代。

「Economical Value」ではなく、「Social Value」を第一に考える私達が行うことは、

ただの自己満足や娯楽的なことではない。

目の前の人を笑顔にすることに私たちは喜びを覚える。

楽しく誰かのために行動し続けることで、気づいたら社会課題の解決に貢献している。

そういうことに私たちは心からの幸せを感じられるのではないだろうか。

今、私たちは自信を持って、自分たちの価値観を強く、社会に打ち出していく時なのだ。

PAGE TOP